【代々木八幡 台湾朝食】「押競満寿(おしくらまんじゅう)」さんで頂く、台湾の朝食

東京ランチ

代々木八幡に新しくOpenした、台湾料理、押競満寿(おしくらまんじゅう)さんにお邪魔したレビューとなります。朝食から台湾料理を楽しむことができる、素敵なお店でした。

代々木八幡 「押競満寿」さんで頂く、台湾料理のランチとは

可愛いマスコットがお出迎え

お料理のほうですが、今回はルーロー飯セット1,000円を注文。セットの中身は小ルーロー飯+おかず3品+スープです。

ルーロー飯は煮込んだ豚バラ肉がトロットロに甘く、八角の香りが効いています。豚バラの脂身は本当にとろけるようでした。味玉にもしっかりと味が染みしみで、若干の酸っぱさがいいスパイス。ご飯には煮込み汁がしみ込んでいて、ご飯がすすみます。

スープはコーンスープで比較的あっさりとしたお味のため、味が濃いルーロー飯とよいバランスがとれておりました。

代々木八幡「押競満寿さんへのアクセス

お店は代々木八幡駅から徒歩5分程の距離にある、住宅街の中にあります。代々木上原駅からでも近いです。

代々木八幡押競満寿」さんでのお1人様ランチ

お一人様入店しやすさ ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 5/5

カウンター席とテーブル席があります。道路側にカウンター席があり、外を眺めながら食事をすることができます。

カウンター席があるためお1人様でも大丈夫。店内は女性が多い印象でしたが、男性客もいらっしゃいました。

代々木八幡「押競満寿」さんでの注意点

平日お昼前ということもあり、特に並ばず入店できました。ただし、店内は既に満席でした。お昼になると、行列ができるとのことで、早めの来店がおすすめです。

お店の方々の気配りがすごく、接客が大変丁寧でした。朝から幸せな気分になれるお店です。

関連ランキング:台湾料理 | 代々木八幡駅代々木公園駅代々木上原駅

(豆知識) ルーロー飯とは?

ルーロー飯とは、バラ肉など脂身を多く含んだ豚肉を醤油、米酒、砂糖、八角などを材料として甘辛く煮込み、煮汁ごと白飯と混ぜ込んだ混ぜ飯です。

台湾では庶民から親しまれており、ほとんどの食堂で提供されている料理です。

ルーロー飯は大衆向け料理なので、食堂以外にも夜市や屋台でも味わう事ができます。
ルーロー飯はどんぶりのスタイルとはいえ、そのサイズはお茶碗程の大きさで提供される事がほとんど。

夜市探検でちょっと一息休憩したい時、屋台巡りでいろんな食べ物を楽しみたい時にピッタリなサイズです。